ご訪問ありがとうございます

Poo

Author:Poo

Prof

ぷりっくは、男の子みたいな名前の女の子(*´∇`*) 特技:小首傾げ・ダブルチョップ    

コメントありがとうございます

最新記事

リンク

月別アーカイブ

カテゴリ

ランキング参加なぅ

お便り待ってます~

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter on FC2

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

ご訪問ありがとうございます♪

Count Start 2010・10・01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千葉魂

前回と前々回の記事をご覧になられた方、また、温かいコメントを下さった方
ありがとうございます。

また、ブログで記事をアップして下さったいっしんさん、ありがとうございます。

個別にお礼を出来ず、まとめてのお礼になってしまい、不躾を失礼いたします。


前回の日記は地元の状況を知ってほしいと焦ってしまい、意味不明な文章だったので、

改めて書き直したいと思います。




Pooの実家は、千葉県香取市の旧佐原市佐原地区です。

佐原から利根川を挟んで茨城県稲敷市(旧東町)と隣接しています。

旧東町は、Pooの祖父の生まれ故郷です。

旧佐原・旧東、そして茨城県潮来市一帯は「水郷」と呼ばれる低湿地帯で、
海抜は0mです。


「水郷」地帯は、かつては、「香取海(かとりのうみ)」という海で、
香取海は霞ヶ浦(西浦・北浦)・印旛沼・手賀沼をひと続きにした
広大な規模の内海だったそうです。
また様々な河川が流れ込み、面積は東京湾に匹敵するほどだったそうです。

香取海に鬼怒川や小貝川などが運ぶ土砂が堆積してできた島を、
徳川家康が関東に移封された後の1590年(天正18年)より開発し始め、
その後1640年(寛永17年)までに16の新田集落ができていったそうです。

この新田開発による集落を総称した地域名で「十六島」(または新島)と呼んでいます。

十六島と呼ばれるのは①上之島、②西代、③ト杭、④中島、⑤六角、⑥結佐(以上現稲敷市)、
⑦松崎(現神崎町)、⑧長島、⑨八筋川、⑩大島、⑪加藤洲、⑫境島、⑬三島、⑭中洲、
⑮磯山、⑯扇島(以上現香取市)の16の集落があるからです。

Pooの祖父は②の「西代」地区の出身で、祖母や母は祖父の実家の事を「島の家」と呼びます。

現在は「香取海」の面影や「十六の島」があった面影も全くありませんが、
島を開発した地域だったので、道らしい道がなかったため「さっぱ舟」と呼ばれる舟を
移動経路として利用していました(詳細はwikiで)

Pooの祖父(大正8年生まれ)も子供の頃は、「さっぱ舟」で移動していたそうです。

現在のようにちゃんとした陸続きになったのは戦後のことです。


元々海にできた島を開発してできていったところなので、

利根川などのためにたびたび洪水に見舞われ、

低平なため冠水するとなかなか水が引かない土地でした。

度重なる洪水に見舞われても、めげることなく、立派な

堤防をつくりあげました。

また、千葉県北東部及び茨城県沿岸部は地震が多い地域なので、

耐震も考慮した住宅を建てる方が多い町です。


水害や地震の対策をしていましたが、今回の地震ではとても大きな影響を受けました。


幸い、Pooの実家は平気なのですが、実家から見て駅の反対側(利根川付近)は、

液状化現象で大変な被害に遭い、自宅を手放さなければならない方が多数います。

利根川の河川敷も液状化現象で泥沼になり、利根川の堤防も決壊しているそうです。

稲敷市はおいしいお米の産地なのですが、今年の耕作が難しい状況に陥っているそうです。

東京や神奈川に比べると、まだまだ余震があり、地盤が緩んでいるので、発表された震度より

体感震度は大きいそうです。

今回の震災で佐原地区の震度計が壊れてしまい、地震の震度が分からない状況になっています。
(興味がありましたら、気象庁の報告書を見てください⇒報告書


結構な被害に遭っているのですが、報道は東北地方中心なので、「ちばらき」が被災地なのを

ご存じでない方が結構いらっしゃいます。

私も報道が無いので、友人や両親からの電話でしか状況が把握できなかったので、

Twitter等で情報収集している時に、前回のブログでお話をした「買い占め被害」を知りました。

また、計画停電も被災地は免除という事だったのに、「ちばらき」地方は初日に停電しました。

東京電力も国も酷いです。

計画停電は、各自治体や千葉県・茨城県知事が抗議をしたため、免除地域に指定されましたが、

地震から2日間停電をして、やっと復旧したと思った途端、停電した時の住民の気持ちを考えると

心が痛いです。





相田みつをの言葉で印象深い言葉があります。

「うばい合えば足らぬ わけ合えばあまる」

ちばらきの方々は「分け合えばあまる」精神で頑張っています。

断水している利根川付近の方々に井戸水が出る家庭の方がお水を無償提供したり、

報道で知った東北地方の惨事に心を痛め、募金活動をしている方もいらっしゃります。

Pooの父も、地震当日には自宅の庭で炭を起こして炊き出しをし、ご近所の方に

振舞いました。

現在もご近所の方が実家に避難しています。

この事を知り、私は両親の子供であることを誇らしく思いました。

ご近所度どうしで助け合い、寄り添いあい、ゆずりあい、復興に向け

歩み始めています。


また、福島原発の放射能被害に寄る風評被害が深刻化していますが、

千葉県のあるスーパーは

637f6d901cd2.jpg

このような形で福島県を応援しています。


サンドイッチマンが「東北魂」と言ってますが、

自分たちより少しでも大変な状況の方を思いやる

「千葉魂」も中々かっこいいと思います。



都内も飲料水に放射能が検出されたということでパニックになっています。

Pooの住んでいる川崎市は乳児の飲料を控えるよう言われていないのに、

スーパーはおろか自動販売機までお水が売り切れてます。

現在の放射能数値から云えば、成長過程で要素を甲状腺に貯めてしまう乳児以外は

水道水で問題ないのですから、乳児が居らっしゃる家庭が優先して購入できるよう、

分け合って欲しいと思います。



今週末に実家に帰省し、佐原の様子を確認してきたいと思います。

また、時間が取れたら記事をアップします。

スポンサーサイト

<< 我が家の防災対策  【BACK TO HOME】  ちばらき② save_chiba save_ibaraki >>


◆ コメント ◆

「携帯より失礼致します」


お邪魔します。
噂には聞いておりましたが
家を諦めなければならないとは
相当な被害に遭われたんですね。
大事な事が殆ど聞こえて来ない事に苛立ちを覚えます。
何を書き込んでも空回りしている気持ちがします。
が、それにひるんでいてはいけないですね。

貴重な生の感想を有難うございます。

自分のブログに前回と同様転載させて戴きます。

前回のは事後報告になってしまって
申し訳ございませんでした。

少しでも多くの方々に幸有らん事を!

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 


Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。